内部監査:えっ!正しい「3線モデル」??

通勤時間・スキマ時間にスマホで学習できる! ゆったりPC画面にも対応!

「3線モデル」における内部監査の役割

日本銀行から「ガバナンス改革と内部監査」(2019年7月 金融機構局金融高度化センター)と
題するレポートがリリースされています。

✔ 事業会社の内部監査部門の方にも参考になります

✔ これからの内部監査のあり方についてコンパクトに整理されています

✔ 国際標準の正しい「3線モデル」が図示されています

✔ 内部監査専門職の重要性について言及されています

内部監査部門の方は一見/一読されることをおススメします。
⇓⇓⇓

「ガバナンス改革と内部監査」(日本銀行 金融機構局 金融高度化センター)
<レポート>

 

 

内部監査専門職の養成が進み始めている!

 

(新生銀行の「コーポレート・ガバナンス報告書」(2020年6月19日付)より)

グループ監査部では、監査要員の専門性向上に力を入れており、公認内部監査人(CIA)や公認情報システム監査人(CISA)の資格取得も精力的に行っております。

 

某上場会社では、米国子会社の内部監査を実施するに際して、

「公認内部監査人(CIA)の資格がない方の内部監査は、お断り!」という声もあったそうです。

 

内部監査部長から、「部門全体でCIA資格取得をする」という目標を伺ったこともあります。

 

ガバナンス強化の取組みが進むにつれ、益々要求されるであろう内部監査の専門性。

近い将来の備えを今からしておきませんか?

 

CIA—早めスタート・早め合格を目指しましょう!!

CIA資格は、グローバル・スタンダードに基づく内部監査の専門性の証です。

内部監査人の地位向上将来のキャリア・パスを見据えて、公認内部監査人(CIA)資格にチャレンジしませんか?

通勤時間・スキマ時間にスマホで学習できる! ゆったりPC画面にも対応!