公認内部監査人(CIA)試験 短期合格の秘訣

通勤時間・スキマ時間にスマホで学習できる! ゆったりPC画面にも対応!

 

すでに公認内部監査人試験に合格した方(複数名)に伺いました!

“これから受験されるあなたへ”

公認内部監査人(CIA)から頂いたアドバイス(Q&A形式まとめ)

 

出題範囲は?その対策は?
ITや経理財務の専門的領域を含む、ビジネス全般が対象で大変広い範囲から出題されます。
したがって、色々なものに手を出すと、合格には遠回りになってしまいます。
短期合格の大切なポイントは、やること(学習教材)を絞って取り組むことです。
対策は、暗記が必要?それとも理解だけでいける?
問題は、「理屈で理解できるもの」と「覚えるしかないもの(例:基準・ルール)」に大きく分類されます。
「覚えるしかないもの」でも、“選択肢を見たら判る” 程度で大丈夫。丸暗記までは必要ありません。
どんな学習方法が最短?
とにかく類似問題を解きまくり、解けない問題(弱点)をできるだけ早く克服することが合格への最短ルートになります。
知識のインプット⇒演習問題では時間がかかってしまいます。
参考書⇒問題集ではなく、問題集⇒参考書の流れで取り組むことをおススメします。
専門学校に通わないと合格できない?
自主的に学習(自己管理)できる方であれば、専門学校に通わなくても合格できます。
自己管理ができないのであれば、高いコストをかけて専門学校に通っても合格できないかもしれません。
通勤時間・スキマ時間にスマホで学習できる! ゆったりPC画面にも対応!