診断・分析ツールを使って自己を知ろう!

どこに自分の強みがあるのか?

企業・組織が戦略をたてるときに内部環境分析であるのと同様に、将来の自分らしい生き方や仕事について考える場合、“自分の把握、自己分析”が必須です。

まず自分を知り、「何が得意か?」「何が好きか?」「どのように人の役に立つか?」を考えることをおススメします。

 

ただ、自分で漫然と考えていても、思考はなかなか前に進まないのではないでしょうか?

 

そこで、今回は“自分の把握、自己分析”をサポートしてくれる、診断・分析ツールを紹介します。

『自分の強み』を再確認し、自信と勇気をもって仕事人生を切り拓いていくことにお役に立てますように!

 

前職のKPMG時代に外部講師によるヒューマンスキル研修を受講しました。その際、講師を務められた教育・コンサルティング会社が、この書籍に記載された診断手法とそっくりのフレーム・ワークを使用されており、診断結果について(わたしも含め)受講者の納得感が高かったため、ここで紹介させていただきます。(出版社による本書は、ロングセラーとのことです)
診断手法は、

・「外向(Extroverted)/内向(Introverted)」
・「五感(Sensing)/直観(Intuitive)」
・「思考(Thinking)/情緒(Feeling)」
・「決断(Judging)/柔軟(Perceiving)」

のそれぞれについて10問程度の質問に回答すると、16種類のタイプのうち、あなたがどのタイプの性格かを明らかにしてくれます。また、あなたに適した職業も列挙してくれています。
書籍ですので、中古で入手したり図書館で借りたりして実施することも可能です。グループで実施し、互いの診断結果について意見交換してもよいかと思います。
(図解版)

<有料(書籍代)>

 

<Click↓>
ストレングス・ファインダー(STRENGTHS FINDER)

177の質問であなたの強み「トップ5の資質」を「見える化」してくれるツールです。

人々が持つ「34の資質」を明らかにする書籍:「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0(日本語)」にギャラップ社のストレングス・テスト(ウェブ・テスト)のアクセスコードが付いています。

※中古本はアクセスコードが使用済みで利用できないと思いますのでご注意ください。

<有料(書籍代)

 

エニアグラム(画像をクリック)
「エニアグラム」はギリシャ語で「9」(エネア)と「図」(グラム)が合成語で、「人間には9つの性格タイプがあり、すべての人はそのうちの1つをもって生まれてくる」という公理に基づく人間学です。世界各国で科学的に検証され、自分のタイプを知り、最良の人間関係構築に役立つ!と日米の一流企業での人事研修にも採用されています。

     

<有料(書籍代)

★良好な人間関係構築のために「ジョハリの窓」についても知っておくと役立つと思います。

 

<Click↓>
エムグラム (mgram)

105の質問で、あなたを構成する性格要素のうち特徴的な8つを抽出してくれる診断サービスです。“世界各国で、900万人以上に利用されている”あなたのパーソナリティが分かる診断(性格診断)というのが、謳い文句です。
初回登録項目が比較的少なく、質問数も少なめでとっかかりやすい診断です。
<ほぼ無料。→オプション診断は有料>

補足:
“ストレングス・ファインダー”、“エムグラム”は
「モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書」(尾原和啓著、幻冬舎)
を読んで、その存在を知りました。

マッキンゼー・アンド・カンパニー、リクルート、Google、楽天などで働かれた尾原氏のモチベーション・マネジメントに関するメッセージは個人的にはたいへん有益でした。

 

この本も参考になります!

自己分析の延長線上には、自己アピールがあります。
自己PR、面接、履歴書、メール、プレゼンなど、グッとくる書き方と話し方を身につけたい方には、とても参考になると思います!